関関同立ってなんの略?

同志社大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

同志社大学の入試の難易度

同志社大学の特徴

関西の入試で難関大学と言われる大学は、東京六大学と比較され、関関同立と言われます。

関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学の四大学のことです。難易度は各大学とも平均的に難しいと言われますが、大学の特色による学部での難易があります。

関西大学と立命館大学は大衆的、関西学院大学と同志社大学はミッション系で垢抜けていると言われます。いわゆる看板学部は難易度が高いです。

同志社大学の前身は京都の英学校ですから、文学部が看板学部でありマスコミなどへの就職に強いと言われ、当然、偏差値は高いです。

東京で言えば、早慶に近い難易度のようです。特色は神学部でしょう。受かりやすい学部とも言われますが、それでも偏差値が60程度はあるようですから、難関と言えるでしょう。

同志社大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

同志社大学は京都市の上京区に本部を日本の私立大学です。

設置されたのは1920年のことで、1875年に新島襄が創立した同志社英学校をその前身としており、長い歴史を誇る関西を代表する私立大学の一つです。

この同志社大学の特徴としては、元々がキリスト教の教えを基礎として始まったという沿革を持つことから、国際教育に力を入れている点や、学生の自由を重視している点などを挙げることが出来ます。

この同志社大学を卒業した主な芸能人には、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー、「レイザーラモン」のHG、俳優の生瀬勝久、声優の山崎和佳奈などがいます。

またこの大学を卒業した政治家には土井たか子、吉川沙織、中村鋭一などがいます。

同志社大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

同志社大学のスポーツ部と言えば、かつて平尾誠二さんや大八木淳史さんを擁し大学選手権を4連覇したラグビー部の印象が強く残っています。

今でもラグビーは毎年のように全国ベスト4に残るほどの関西の雄として存在感を示しています。同志社大学は、野球部やサッカー部も全国レベルの活躍をしています。

同志社大学出身のスポーツ選手を紹介すると、朝原宣治さんと奥野史子さん夫妻がまずは思い出されます。 共にオリンピックのメダリストです。

野球部では、2000本安打を達成した元ヤクルトスワローズの宮本慎也さんが最も有名です。 サッカー部では、長年日本代表キャプテンを務めた宮本恒靖さんや、サンデーモーニングのコメンテーターの中西哲生さんが有名です。

プロゴルファーの谷口徹さんは、2度賞金王に輝いたレジェンドです。


pagetop