関関同立ってなんの略?

関関同立の難易度・MARCHとのレベル比較

関関同立の難易度

関関同立

関関同立は、関西圏にキャンパスが存在する難関の私立大学を表現しており、関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学の頭文字を組み合わせることでそう言われています。

昭和30年ごろには、この関関同立という用語が用いられ始め、関西に存在する人気が高い大学で、しかも合格するのに難しい大学として広く知られています。

また団塊世代やそのジュニア世代になると、なかなか現役で合格できない雲の上の様な存在の大学となってます。

4校の偏差値については、どの学部を志望するかによって違いが見られますがほぼ同じとなっており、ラグビーや野球などのスポーツでも関関戦、同立戦が行われ、対抗意識があるように難易度に対しても対抗意識が存在します。

近年は立命館大学が公務員試験や各種資格試験でも結果を残していることから人気傾向が見られ、中でも一歩抜きんでた存在となっています。

ただ法学系に強い関西大学も存在し、学部や学科ごとに難易度のバラつきが見られるのも特徴的です。

関西の私立大学でもトップクラスの偏差値があり、関西圏を中心に日本全国よりそのブランド名に憧れて多くの学生が受験を希望します。

全国的な難易度の位置づけとしては、私学の雄というべき存在の早稲田大学や慶応大学よりもやや格下のレベルです。

この早慶の二つの大学に下に存在するMARCHレベルに相当するとされ、その年度によってはMARCHよりも難易度が高いケースも存在することもあります。

MARCHレベルとは、関東に存在する明治・青山学院・立教・中央・法政といった大学レベルということで、関東でも中堅よりも上位クラスの私立大学に分類されるレベルです。

関西地方においては、地元にキャンパスが存在していることからMARCHよりも人脈などの面からも評価が高いため、関西地方での就職には関関同立を卒業した方が有利に働くこともあります。

関西地方でこの4校よりも上位ランクの大学を希望する場合は、京都大学・大阪大学・神戸大学などといった国公立大学を志望するしか方法がありません。

また難関国公立大学のすべり止めとして選択されることも多いのが特徴となります。具体的な偏差値の数値としては早慶が65~70とすると、関関同立は平均すると60と言われております。

MARCHの中でも明治大学が一歩リードしていると言われ、その偏差値が62あることからほぼ同じ域にあると言って良いです。

実際に関東に在住している方でも関関同立に憧れて、そちらの大学を希望される方も多いです。


pagetop